定期的な調整をすれば何十年も使い続けられる可能性もある

長持ちさせるメンテナンス

時計修理

一生使えるように手入れをしよう

ロレックスの時計を買ったからには一生のお気に入りの一本として使い続けたいという人も大勢います。ただ、時計はだんだんと劣化してしまうことは確かで、最初は正確に時刻を刻んでいた時計も少しずつ狂いが生じてしまいがちです。適切なメンテナンスをしていくことで長持ちさせられるようになり、何十年も時を正確に示してくれるようになるということは覚えておきましょう。日頃何百万らの手入れも重要ではあるものの、オーバーホールを定期的におこなうのが実は最も肝心です。オーバーホールをすることで機械的な部分まで全てプロによって手入れをしてもらうことができるため、安定して動く時計に直すことができます。不具合が生じたところだけ直してもらうのを繰り返していると全体のバランスが狂ってしまうこともあるため、きちんと全て分解修理してもらうのが大切です。ロレックスの時計のどのくらいの頻度でオーバーホールしたら良いのかというのはよくある疑問ですが、使用する頻度や環境によっても違いがあります。ロレックスの時計を毎日つけているのなら三年から五年に一度はオーバーホールしたほうが良いでしょう。ほとんど使わないのであれば五年から十年に一度くらいが目安です。あくまで目安なので調子が悪そうだと思ったらすぐにでも時計店に相談するのが基本です。ロレックスの時計を長持ちさせられるように、きちんとプロがメンテナンスをしてくれる時計店を探して依頼するようにしましょう。